仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

住宅ローンの保証料ってなに!?

住宅購入の際に現金で購入できる方はほとんどいません。

そこで銀行などで住宅ローンを組むという話になります。
住宅ローンの話の際に保証料という言葉が必ず出てきます。
では保証料とは何でしょう?
簡単に言うと万が一住宅ローンの返済ができなくなった時に、代わって住宅ローンの肩代わりを保証会社にしてもらうために払うお金です。いわば銀行側の高額な金額を貸し出すための保険です。
その代わり一昔前だと保証人という言葉をよく耳にしましたが、保証料を支払うことによってこの保証人が不要ということになります。

では保証料はいくらなのでしょうか?
金融機関によっても異なりますがだいたいローン金額の2%程度です。仮に三菱UFJ銀行ですと3,000万円で35年返済だと約60万円位です。
この保証料の支払い方法には2つあります。

①一括払い(外枠方式)
これは読んで字のごとく1回払いです。支払時期は物件代金支払い時期(決済時)の諸費用精算の時に支払います。

②分割払い(内枠方式)
保証料は額が高額になりますので分割払いが可能です。これは金利に上乗せして支払いますので選択した金利によって支払い金額は変わりますが+0.2%は保証料となります。
例えば変動金利0.675%が実行金利だとして内枠方式を選んだ場合は0.875%が支払う金利ということになります。

では保証料を支払えば、きつくなったら住宅ローンの支払いを止めていいのでしょうか?
答えはNOです。
当然ですよね。3,000万円借りているのに約60万円でチャラになるわけがありません。
銀行に対しては保証会社から残代金が支払われますが、保証会社は当然請求してきますので、支払先が変わるということになります。
ここで注意して頂きたいのが、もし延滞などで支払いが滞り、保証会社から請求にかわった時点で個人情報に延滞履歴がつくことになります。
それはいわゆるブラックという状態ですので他の車のローンやクレジットカードなどが使えなくなる恐れがありますので注意が必要です。

また最悪支払がされない場合は競売ということになりますので当然その住宅に住み続けることはできません。
ですので、保証料を支払ったからといって安心せずに、住宅ローンの支払いが困難になった場合は銀行の窓口に相談の上、支払条件の見直しの相談をしてください。
銀行も貸したお金が金利と共に戻ればいいので支払う意思さえあれば必ず相談に乗ってくれますので手遅れになる前に動きましょう。

コラム一覧