仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎シングル・ディンクス向けのマンション選びのポイントは?「今」と「将来」に目を向けよう

シングル、またはディンクス世帯でマンションを選ぶときには、ファミリーとは違った目線を大切にすることで、より満足度を高められる可能性があります。

「いったいどんな目線でマンションを選べば良いの?」と思ったときには、以下の情報を参考にしてみてください。シングル・ディンクス向けのマンション選びのコツを紹介します。


■シングル・ディンクスに欠かせない「将来」への視点

シングルやディンクスでマンション購入へと踏み切る場合、欠かせないのが「将来」への視点です。マンションを購入する!というのは、非常に大きな決断となりますが、その後の流れにはいくつかのパターンがあります。

・ライフスタイルが変わるタイミングで、マンション売却→住み替え
・ライフスタイルが変わるタイミングで、住み替え→マンション貸し出し
・ずっとそのマンションに住み続ける

結婚や出産、仕事に関するさまざまな事情など……長い人生では、何が起きるか予測するのは難しいもの。もし「現在の住まいでは不都合がある」となれば、現在のマンションを手放す、もしくは貸し出しして、新たな住まいを探すことになります。

一方で、忘れてはならないのが「今のままの生活がずっと続いていく」というプランです。生活に大きな変化が生まれず、住まいへの不満がなければ、あえて住み替えを行う必要はありません。

これから先の人生の自由度が高い分、さまざまな可能性を考慮しておきましょう。

■立地条件は何より重要

将来的に売却・貸し出しをする可能性もあれば、自分自身が住み続ける可能性もある、シングル・ディンクスのマンション探し。非常に重要なポイントとなるのが「立地条件」です。

「駅から近い」「都心部へのアクセスが容易」といった物件は、やはり人気の高いもの。築年数が経過した物件でも高値で売却できる可能性が高いでしょう。

また「自分自身で住み続ける」場合も、立地条件の良さはメリットとなります。年齢を重ね、体の自由が利かなくなったときでも、買い物や移動などで困るリスクは少なくなります。

■ディンクスなら、「プライベート空間」も大切にしよう

ディンクスのマンション選びの場合は、もう一つ大切な視点があります。それが「二人がお互いに、快適に過ごせる空間を確保できる」ということです。

できれば、それぞれの個室を確保できるマンションを選択するのがオススメです。お互いに趣味や仕事に没頭したり、自分の時間を大切にしたりできることでしょう。

どのような立場でマンション探しをするのかによっても、理想の物件の条件は変わってくるものです。シングル・ディンクスの状態でマンションを選び、購入するというのは、勇気が要ることなのかもしれませんね。「今後のこと」や「将来の自分」、「今の自分たち」について考慮することで、快適に過ごせるマンションを見つけられるのではないでしょうか。

《無料アプリ物件提案ロボ》

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。

物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。
物件提案ロボ

《セルフィン》
AI(人工知能)が“買ってはいけない不動産”を一瞬で判定する「SelFin(セルフィン)」です。
操作簡単でしかも無料!

セルフィン

コラム一覧