仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

マンション売却は一般売却と業者買取どっちがいい?

マンション売却する時にあれこれと考えることが多いと思います。また売却理由や時期によっても考えなくてはならない要素が出てきます。マンション契約書類

そこで一般的にエンドユーザー様に売却するのと買取業者に直接売却する場合の比較をしてみました。

①【一般的な売却時のメリット】

・価格が相場の金額で売却できます。

・仲介不動産会社も金額が高い方が利益が確保できるので同じ考えで売却できます。

【一般的な売却時のデメリット】

・時間が読めない。適正な価格で販売するには少し時間がかかります。

また売却できない場合は必要に応じて価格を下げることも検討が必要です。

・仲介会社に対して仲介手数料の支払いが必要です。(上限金額は売却価格×3%+6万円)

 

②【買取業者に売却時のメリット】

・売却の時期が確定できる。

買主が不動産会社の為決済時期が決めれます。

・仲介手数料は支払わなくていい。

直接買取業者が買いますので仲介業者は入りません。

・お部屋の状態を気にしなくていいです。

一般のエンドユーザー様に販売する場合は多少のクリーニングやクロスの張替えなどの検討が必要ですが買取業者はそもそもリフォームしてから再販するために何もしなくていいです。

エンドユーザー様に販売する場合には瑕疵担保責任が2ヶ月~半年位負うケースがほとんどですが買取業者の場合はほとんど免除になることが多いです。

【買取業者に売却時のデメリット】

・価格が安い。やはり買取業者は再販が目的ですから安く買わなければ利益が出ません。

リフォーム金額+αでの販売価格となります。

大雑把にこんなところにでしょうか。

もちろん売却価格ありきだと思いますがそれぞれ個々の状況によると思います。

例えば買い替えで次の住宅が決まっていて、残債がある場合はローンの抹消をしなければ次の住宅に住めません。

また、あまりにもお部屋の状況が悪くエンドユーザー様を案内しても全く反応がない場合などは買取業者はお部屋の業況はあまり関係ないのでいいのかもしれません。

一般に売却するにせよ、買取業者に売却するにせよ、いろいろな不動産会社と面談をし比較したほうがいいと思います。

それぞれの会社との相性もありますし、売却成立時の仲介手数料も上限は決まっていますが割引してくれる業者もありますので探してみましょう。

本当にタイミングが迫って、即現金化したい方は是非ご相談ください。



 

 

コラム一覧