仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎住みたい街人気No.1の横浜。横浜の中古マンションを購入するメリットは?相場もチェック!

横浜と言えば観光地としてとても有名な場所ですが、2018年には住みたい街ランキングで1位を取ったほど、人気のあるスポットです。そんな横浜に住んでみたいとお考えの方は意外と多いのではないでしょうか。

「横浜はどんな街なのか」「住むとしたらどうなのかな?」など、皆さんが気になっている雰囲気や環境をご紹介していきます。
また、横浜の中古マンションを購入するメリットや相場もご紹介しますので、購入しようか考えている方は、ぜひ参考にしてください。

■横浜はどんな街かをエリアごとにご紹介

皆さんが呼ぶ「横浜」は神奈川県の「横浜市」を指しています。横浜市は「18の区」に分けられており、それぞれ特色を持っています。その18区の中から、「人気がある区」と「住みやすい区」をピックアップしてご紹介していきます。

・横浜で人気がある区はココ

1. 西区
西区は横浜市のほぼ中心に位置しており、みなとみらいやパシフィコ横浜など横浜といったらココというスポットが多い華やかな区です。また、歴史情緒が残る下町もあり、文化や芸術施設も多くあるのが特徴です。まさに、横浜市の中心となっているエリアです。住んでいる人が羨ましいと言われるほど、人気の区になっています。

2. 中区
山手エリアと呼ばれる高級住宅街があるのはこの中区です。横浜中華街や山下公園、港の見える丘公園など人気の観光地が集まっている場所で、異国情緒が溢れているスポットです。さらに、有名な私立学校やインターナショナルスクールがあるため、文教としても有名な区で、ブランド力が高い場所です。

3. 青葉区・都筑区
青葉区と都筑区はファミリー層に非常に人気の高いエリアです。青葉区は自然が豊かな場所であるのが特徴で、都筑区は横浜市の副都心と呼ばれ、子育てしやすい街として人気です。都会にいながらも自然を楽しみたいなら青葉区、道が整備され買い物環境も整った快適な場所が良ければ都筑区がオススメです。

4. 港北区
新幹線が通る新横浜駅があるのが港北区です。日産スタジアムもあるため、たくさんの人が行きかう場所になっています。港北区の西部はマンションや集合住宅が多くあり賑やかですが、東部の方は閑静な住宅街が広がっています。公園や支援施設、塾などが多くあるため、港北区も子育てしやすい区になっています。

横浜で人気がある区の相場

下記は一般的に多い「2LDK〜3DK」の相場です。

1. 西区:約4,700万円
2. 中区:約4,200万円
3. 青葉区:約3,400万円
4. 都筑区:約3,600万円

コラム一覧