中古マンション値引きする方法教えます!値引交渉術に必要な準備があります。

不動産は一生に一度の買い物で、非常に高価な商品ですので、できる限り安く買いたいものです。

そこで中古マンションは値引きはどの位可能なのでしょうか??

パズルの家

1.正直やってみないと分からないです。

新築住宅であれば、売主事業者の采配で決めることができますので、ビジネス的な要素(販売から経過日数、決算月など)で交渉可能です。

しかし中古物件ですと、基本的には個人ユーザーが相手になりますので、それぞれの価値観や状況が全てになってしまいます。

とは言え、売りたい気持ちはあるので、やり方はあると思います。



 

2.価格の決め方

一概には言えませんが、中古物件の価格の決め方は意外といい加減です。

売主様は当然高く売りたいですが、不動産会社としては、相場からかけ離れた金額で出しても、売れなければ意味がありませんので、売れる金額で出したいと考えてます。

そこで、取引事例を参考にします。

レインズ(不動産会社業者間のみが閲覧出来るサイト)で、近隣の物件の過去の取引価格や、現在販売中の物件情報を参考に価格を決めます。

あとは、売主様の気持ちを汲んで少し色を付けたりします。

また最初から作戦で値引き用の価格を乗せて販売する場合もあります。

例えば3,000万円で販売したいと思えば、3,080万円で出しておいて、80万円は値引交渉に応じる為の値引き枠的な意味合いです。

3.値引きしやすい物件としずづらい物件

値引きしやすい物件としては、価格の決め方で、値引き枠のある物件は当然ですが、それ以外に販売してもう半年間経過している物件などは、売れ残り感があるので、交渉しやすいです。

また、買い替えの為、期日が迫っている物件も交渉しやすいですね。

既に別の物件を購入していて、引渡しまでに販売出来ない場合は2重のローンを支払う必要があったり、もっと最悪のケースは、残債が多く残っている場合は次のローンが実行できないこともあります。

こうなると、新居の事実上のローン却下なので、穏やかではありませんね。

逆に値引きしずらい物件とは、売り出して間もない物件や、人気の物件で問合せが多くある物件や希少価値のあるお部屋は難しいです。

4.値引きを勝ち取る為、準備すべきこと



①購入意思表示を明確にすることです。

 

中には、冷やかしでこのくらいになりませんか?と尋ねる人が結構います。

実際に交渉に応じると「わかりました検討します!」と言いながら別の物件を探しに行ってしまう人も・・・

このような人の為に、わざわざ間に入る不動産会社も無駄な時間を使いたくないので、購入希望金額での申込書を書いて頂き、購入意思をしっかりと示します。

そうすることで、売主様に対してどんな人がいくらで買いたいと提示することができます。

②ローンの審査を済ませておくことも重要です。

 

購入意思があったとしても、実際に金額を支払うことができなければ意味がありません。

売主様が一番気になるのは、実際にいつ現金化できるか!です。

住宅購入お金と時間

③契約日と手付金の額を決める

 

売主様的には、申込書とローン金額が確定することに加え、実際にいつ契約してくれるかが知りたい要素です。

もし条件が揃っても契約日が2ヶ月後なんて言われたら、他のお客様を探したくなります。

通常は申込みして売主様の同意を得たら、その翌週かその翌週くらいが一般的です。

ただし、契約時ではローン審査のOKが必要条件です。

住宅ローン(新規)

5.人事を尽くして天命を待つか、もうひと交渉

やるべきことをしっかりとやったならば、後は待ちましょう。

そして希望金額がダメでも、もうひと交渉してみましょう。

例えば、100万円の値引きを依頼したが、断られた時に再度、50万円もしくは30万円何とかならないか?

ダメもとで聞いてみる。

ここは、実際に 担当営業マンの腕に委ねるしかないと思います。

いずれにせよ1万円でも安いに越したことはありません。

言うのはタダです。頑張って交渉して頂きましょう!!

中古マンションの仲介手数料無料にする方法教えます!

独身向けマンション探し

  ハコイチコンセプト動画▶  

仲介手数料無料動画はこちらから▶

 仲介手数料無料購入はこちらから

  freecall ☎ 0120-114-851 

タイトルとURLをコピーしました