【中古マンション】購入時の仲介手数料を無料にする方法とは!

スポンサーリンク

中古マンション購入時の仲介手数料が高いと感じたことないですか?

仲介手数料を割引きできたという人もいます。

実は、仲介手数料は会社によって、異なるという事実があります。

この事実を知っていれば、購入時の手数料を安くすることも可能なのですが、これを知らないで損をしている人も多くいます。

そこで今回は仲介手数料について解説していきます。

この記事を読むことで、仲介手数料の仕組みと割引く方法についてわかります。

◇仲介手数料は上限を超えなければいくらでもいい

本当に、上限を超えなければいいのか?という疑問が湧いてくると思います。

今回の仲介手数料について解説していきます。

スポンサーリンク

1.仲介手数料とは

仲介手数料お金

仲介手数料とは不動産会社が物件の取引を行う上で、もらうことの出来る報酬。

上限は、物件金額の3%+6万円×消費税と決められています。(物件金額により多少変動)

つまり、あくまでも上限であって、この金額を超えなけれ、0円でも問題ないということです。

不動産会社は基本的には、すべて成功報酬制なので、仲介手数料が唯一の収入源という事になります。

唯一の収入源を0にするとはどんなことなんでしょうか?

2.何故無料にできるのか?

住宅購入 費用

仲介手数料は、唯一の収入源ですが、もし一つの不動産会社が買い手と売り手を見つけた場合はその両方から仲介手数料をもらうことができます。

例えば、3,000万円の物件の合は、3,000×3%+6万円=96万円×2(両方からの手数料)=192万円(税抜き)ということになります。

この取引を両手仲介と言います。

一方で、売主様もしくは買主様のどちらかの仲介を担当した場合でも、片手仲介として96万円は収入として入ってきます。

もうお分かりだと思いますが、無料に出来るのはここです。

両手仲介の物件を取引した場合、一方を無料にしても片手分は入ってきます。

もともと、片手仲介では出来ない無料サービスも両手物件であれば、可能になります。

最近流行りのリノベーションマンションは売主が不動産会社です。

この物件を取引した場合は、必ず売主から仲介手数料が入ってきます。

その場合に、買主の仲介手数料を0にすることが可能になるのです。

ただし、このような、サービスを行っているのは中小の会社が多く、大手仲介会社は行っていません。

理由としては、違法行為だからではありません。

大手仲介会社はCMや新聞折込、ポスティング、ネット広告など莫大な広告費をかけているのです。

その為、1度の契約で仲介手数料が倍になる両手仲介を常に狙っているわけです。

ただ、物件の契約から引渡し業務は大手であろうが、中小であろうが行うサービスは何も変わりません。

購入物件も同じ訳ですから、お客様にとってはどちらがいいのか一目瞭然です。

もし、大手の仲介会社で話を進めてしまった場合、リノベーションマンション(売主が不動産会社)の物件の場合は、手数料の交渉をしてみましょう。

もしくは、契約前であれば、別の不動産会社に変更することも可能です。

レインズに掲載物件であれば、そのマンションは他社不動産会社でも購入可能です。

3.仲介手数料を安くする方法

貯金箱, ゴールド, お金, ファイナンス, 銀行, 通貨, 現金, 豚, 投資

仲介手数料を無料や割引きする方法は、前提として不動産会社が売主のリノベーションマンションである必要があります。

両手仲介を片手にして、仲介手数料を割引きするわけなので、そもそも片手仲介の物件だとなかなか無料というわけにはいきません。

もし、あなたの気になる物件が不動産会社が売主の物件の場合は可能性は大です。

スーモなどのポータルサイトで気になる物件が見つかった場合、いきなり掲載している不動産会社に連絡してはいけません。

「気になる物件名」+仲「介手数料無料」とググってみましょう。

そこで、気になる物件がヒットしたらそのサイトを覗いて下さい。

本当に自分の希望物件であれば、ラッキーです。

いくつかのサイトが出てきたら、それらの会社は全て仲介手数料無料になる会社です。

どこの会社から購入しても仲介手数料無料になりますので、一番感じの良さそうなとことに問い合わせをしてみましょう。

もし、担当者と合わなかった場合は他の会社に変更しても構いません。

4.まとめ

全米リアルター協会加入者, モーゲージ, お金, 本物, エステート, 規模

条件の合った物件であれば、仲介手数料無料でもありだと思います。

中古物件は、同じようなお部屋があったとしても、唯一無二のお部屋です。

そのお部屋をどの仲介会社から購入しても条件は何も変わりません。

また、リノベーション物件はアフターサービスの付いているお部屋があります。

それは、売主が不動産会社のリフォーム済のお部屋がほとんどなので、仲介会社がどこかに関わらず、アフターサービスは受けることが可能です。

つまりアフターサービスは物件に付いてきますので、仲介会社がどこであろうと関係無いという事です。

不動産は金額非常に大きい買物です。

何十万円にもなる、仲介手数料もその金額を引越し代や家具代に充ててみてはいかがでしょうか!


中古マンション値引きする方法教えます!

マンション探し方テンプレート

 働く女性向け物件購入サイト 

  ハコイチコンセプト動画▶ 

  お問い合わせはこちら   

公式ライン「働く女性向け中古マンション購入方法ダイジェスト版」を無料配信中!
友だち追加