仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

そもそも仲介手数料無料ってどうなの?

不動産とお金

1.仲介手数料とは?

仲介手数料とは不動産会社が物件の取引を行う上で、もらうことの出来る報酬。

上限は、物件金額の3%+6万円×消費税と決められています。

つまり、あくまでも上限であって、この金額を超えなけれ、0円でも問題ないということです。

不動産会社は基本的には、すべて成功報酬制なので、仲介手数料が唯一の収入源という事になります。

 

2.そもそもなぜ無料にできるのか?

仲介手数料は、唯一の収入源ですが、もし一つの不動産会社が買い手と売り手を見つけた場合はその両方から仲介手数料をもらうことができます。

例えば、3,000万円の物件の合は、3,000×3%+6万円=96万円×2(両方からの手数料)=192万円(税抜き)ということになります。

これを両手と言います。

一方で、売主様もしくは買主様のどちらかの仲介を担当した場合でも、96万円は収入として入ってきます。

これを片手と言います。

もうお分かりだと思いますが、無料に出来るのはここです。

両手で頂ける物件を敢えて、片手にすれば、一方を無料にすることが、来ることになります。

もともと、片手では出来ない無料サービスも両手物件であれば、可能になります。

 

3.仲介手数料が無料だとサービス悪いのか?

結論から言いますと変わりません。

何故かと言いますと、あくまでも成功報酬なので、手を抜くことで、取引がまとまらなければ、報酬は、0になります。

そこは、本末転倒ですので、片手、両手に関わらず真剣に行はなければなりません。

 

4.結論、手数料は無料の方がいい‼

条件の合った物件であれば、仲介手数料無料でもありだと思います。

中古物件は、同じようなお部屋があったとしても、唯一無二のお部屋です。

そのお部屋をどの仲介会社から購入しても条件は何も変わりません。

また、物件によっては、アフターサービスの付いているお部屋もたまにあります。

それは、基本的には、売主が不動産会社のリフォーム済のお部屋がほとんどなので、仲介会社がどこかに関わらず、アフターサービスは受けることが可能です。

つまりアフターサービスは物件に付いてきますので、仲介会社がどこであろうと関係という事です。

不動産は金額非常に大きい買物です。

何十万円にもなる、仲介手数料もその金額を引越し代や家具代に充ててみてはいかがでしょうか!

中古マンション購入の際のお金に焦点を当てた本をご紹介致しますので、参考にして下さい。

齋藤 知己  TOMOKI  SAITO

宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー/空き家相談士/空き家管理士/
不動産売買営業歴20年以上で担当顧客数100件以上。
横浜エリアのリノべマンションサイト「空間市場/ハコイチ」運営!
横浜在住で趣味:ロングボード、ゴルフ、筋トレ(ダイエット目的)、DIY。

コラム一覧