仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

建売戸建てを買うなら建築途中より実際に建ってからがおすすめ

戸建て住宅をご自身の希望に合わせた注文住宅ではなく、分譲される建売住宅として購入したい場合には未完成の段階で契約をするより、完成してからしっかりと中を確認して買うほうが失敗がなく納得のマイホームを買うことができます。

・建売住宅の売り方
横浜山手戸建
一戸建てを新築で買う方法として自ら設計の要望を出して注文住宅を建てる方法と、土地付きの一戸建てを分譲や建売で買う方法とがあります。

後者のケースでも、ニュータウンなどが造成され、そこの宅地分譲で宅地を買ったうえで、そこに決められたデザインや間取りの建物を建築してもらう方法と、既に完成した建物を買う方法があります。

注文住宅との違いは、自分でイチから間取りや住宅設備を決められるのではなく、形や構造、間取りや内部の設備などがほぼ決められており、建築前や途中までのタイミングであれば、設備のレベルやカラーなどの選択やカスタマイズができるといったオプションがついている点です。

この点、未完成前に買うメリットとしては周囲の住宅とすっかり同じではなく、ある程度自分の好みをオプションやカスタマイズとして依頼できる点、また、好みの位置にある宅地を選べるといった早い者勝ちの原理があります。

・納得して本当にいい物件と出会える

未完成の段階なら早いもの勝ちで好みの位置や広さの宅地がゲットできる場合や、オプションを選べるなどのメリットもあるので、思わず、先急ぎをしがちです。

ですが、意外に残り物には福があるので、完成前の分譲中に売れ残りながら、周囲と同じような住宅が完成した物件にも大きなメリットがあります。

それは実際に建った住宅の外観から内部を見ることができ、品質や使い勝手の良さまでしっかり確認できる点です。

完成前に購入してしまうと、オプションを頼んだ方でもイメージと違う、もっとお洒落になると思ったなど不満が出てしまう場合や、もっと広々とした家だと思ったなど見た目だけでなく、生活の上で根本的な面まで不満が出る場合もあります。

この点、完成後であれば、流通量も限られてしまい、エリアも限定されることはあるものの、住宅としての価値をしっかりと見極め、広さや間取りも家族みんなで実際に見て回り、建築素材や住宅設備の品質も確認したうえで納得して買えます。

戸建て住宅を購入するのは安い買い物ではありませんから、本当に納得して良い物件と出会いたいなら、立地やオプションにこだわるより、完成してから売り出された建売住宅や、ニュータウンの分譲住宅で売れ残った物件にも大きなメリットがあります。

コラム一覧