要注意!新築建売住宅を検討する際には完成してから購入がいい理由とは!?

家族写真

戸建て住宅をご自身の希望に合わせた注文住宅ではなく、分譲される建売住宅として検討している方は、必見です。

土地の状態で販売していますが、購入したい場合には未完成の段階で契約をするより、完成してからしっかりと中を確認して買うほうが失敗がなく納得のマイホームを買うことができます。

その理由を解説していきます。

1.注文住宅と建売住宅の違い

1-1注文住宅とは

注文住宅とはその名の通り自分で土地を購入し、その土地にハウスメーカーに依頼して間取りの設計からデザイン、施工まで行ってもらいます。

メリットとしては、自分たちのイメージ通りのマイホームが建てられことです。

デメリットは,やはり金額がどうしても高額になっていきます。

スーツに例えると、既製品が建売住宅でオーダーメイドが注文住宅とすればの金額の違いがわかりますよね。

1-2建売住宅とは

土地を不動産デベロッパーが先に宅地分譲で宅地を買ったうえで、そこに決められたデザインや間取りの建物を建築し販売するとう方法です。

不動産デベロッパーにとっては、いくつかの土地に同時に何棟も建てることで、コスパをあげることができます。

注文住宅との違いは、自分でイチから間取りや住宅設備を決められるのではなく、形や構造、間取りや内部の設備などがほぼ決められております。

その分、注文住宅に比べて総額が下がることがメリットと言えます。

また、建築前や途中までのタイミングであれば、設備のレベルやカラーなどの選択やカスタマイズができるといったオプションがついている点です。

この点、未完成前に買うメリットとしては周囲の住宅とすっかり同じではなく、ある程度自分の好みをオプションやカスタマイズとして依頼できる点があります。

また、好みの位置にある宅地を選べるといった早い者勝ちの原理があります。

戸建住宅 イラスト

2.完成物件にはいろいろなメリットがあります!

未完成の段階なら早いもの勝ちで好みの位置や広さの宅地がゲットできる場合や、オプションを選べるなどのメリットもあるので、先急ぎをしがちです。

ですが、意外に残り物には福があります。

完成前の分譲中に売れ残りながら、周囲と同じような住宅が完成した物件にも大きなメリットがあります。

それは実際に建った住宅の外観から内装まで全てを見ることができ、品質や使い勝手の良さまでしっかり確認できる点です。

特に、日当たりの状況や隣の家との距離感などは、完成してみないとわからないですよね。

完成前に購入してしまうと、オプションを頼んだ方でもイメージと違う、もっとお洒落になると思ったなど不満が出てしまう場合が意外とあります。

また、もっと広々とした家だと思ったなど、イメージの問題だけでなく、生活の上で根本的な収納スペースが少なかったり、水回りの動線が悪かったなど不満が出る場合もあります。

この点、完成後であれば、住宅としての価値をしっかりと見極め、広さや間取りも家族みんなで実際に見て回ることができます。

また、建築素材や住宅設備の品質も確認したうえで納得して買えることが大きなポイントです。

3.まとめ

今回は、建売住宅の完成した状態に焦点を合わせてみました。

戸建て住宅を購入するのは安い買い物ではありません。

本当に納得して良い物件と出会いたいなら、立地やオプションにこだわるより、完成物件の方がいろいろなチェックが出来て最終的にはいい買い物が出来ると思います。

また、もしキャンセル物件や売れ残り物件の場合は価格交渉が可能なケースもあります。

もちろん気に入った物件の場合ですが、売主も完成してからは早く販売終了させたいと考えますので価格交渉に挑戦してみましょう。

土地の用途地域で資産価値が左右されるの知ってますか?!購入検討初心者に簡単解説!

独身向けマンション探し

  ハコイチコンセプト動画▶  

仲介手数料無料動画はこちらから▶

 仲介手数料無料購入はこちらから

  freecall ☎ 0120-114-851 

タイトルとURLをコピーしました