仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

ポータルサイトに載ってるお部屋まだある?

最近販売終了物件のお部屋のお問い合わせがよくあります。

もう既に販売終了物件がネット上には掲載されていることが多く誤解されることが多いようです。

不動産業者は業者専用サイトのレインズをみて物件の確認をしています。基本的にはそこに掲載中の物件は販売中ということになります。

ただ、実際は申込書中やローン審査中のお部屋や契約が決まっているお部屋もあります。

ただ、物件を持っている不動産業者からすると、レインズを下げるとそれ以降他業者からの紹介がなくなる為、契約終了するまではレインズから下げることはしません。中古マンション サイト一方、スーモやホームズといったポータルサイトに掲載する不動産業者もレインズをみて掲載するわけですが、掲載する物件は少しでも早く掲載したいのですが、販売終了物件は意外とタイムリーに反映しない会社が多くあります。

その理由は、掲載しておけば、反響がくる可能性があるからです。当然物件は販売終了ですので、ご紹介はできないのですが、そこでお客様との接点ができ、その物件はご案内できませんが、他の物件をご紹介につながる訳なので不動産業者からしてみれば販売チャンスが広がるというわけです。

残念ながら現在販売終了物件は終了後何日で下げなくてはいけないというルールはなく、あくまでも不動産業者の判断にゆだねられてい状況です。

オトリ広告とまでは言いませんが、お客様には誤解を招く事態が発生いてる現状があります。

お客様が直接売り主に確認が出来るケースはほとんどないので、信用でき普段からやり取りをしている不動産業者があれば、そこに問い合わせてレインズをみて直接売主様に確認をお願いをするのが一番早く、確実と思います。

一番やってはいけないのが、ポータルサイトに掲載している不動産会社に片っ端から問い合わせすることは、上記理由(他物件を紹介される等)からお勧めは致しません。

空間市場(ハコイチ)でも最低週1回以上掲載物件の状況を確認するように心掛けています。

もし気になる物件の状況の確認がしたい方はお気軽にお問い合わせください。ハコイチサイトでは、依頼がない限り他物件を無理にお勧めすることは致しません。

 

コラム一覧