中古戸建てはメンテナンスの方が大変なの知ってますか?

新築一戸建てを購入すると数千万円かかりますが、中古の一戸建てだと新築に比べるとリーズナブルな価格で販売され、相場としては場所や広さにもよりますが、数百万円から3000万円程度で手に入れることができます。

ただ、激安中古物件には、いろいろなからくりがあり注意が必要です。

今回は中古戸建を購入する上のメンテナンスのポイントについて簡単解説致します。

1.メンテナンス箇所が非常に多い

建物自体には価値が無いから土地代だけの販売価格というパターンもよくありますので、ある程度築年数の経過した物件はリフォームの必要性があります。

フローリング



リーズナブルな価格で中古物件を手に入れることができたとしても、メンテナンスを施さないと住むことができない物件も中にはあります。

築年数が20年以上経過している物件においては、値段も安いかもしれないですが、壁紙やフローリングはもちろんのこと、キッチンやお風呂などの水回り環境が劣化していたり、外壁粗糖を施さないといけない状態だったりと住む前にメンテナンスが必要になります。

メンテナンスの箇所が多ければ多いほど、コストもかかりますし、下手をすると一戸建てをもう一軒購入する程度のメンテナンス費用が掛かるケースもあります。

特に水回り付近のメンテナンスはコストがかかります。

20年以上経過しているキッチンやお風呂などは、劣化しており、清潔に使える状態ではないです。

見た目においても一昔前以上の古いタイプですので、使い勝手も非常に悪いです。

キッチン・お風呂・トイレを全面リフォームをすると数百万円規模になります。

2.一か所だけしても追いつかないのでフルリフォームを検討しましょう!

水回り部分のメンテナンスだけ施しても、家全体が古い状態だとアンバランスになり、結局フローリングや畳の張り替え、天井の雨漏りの防止に外壁塗装など一気にメンテナンスを行うことになります。

古い中古の一軒家のリフォームは、ほぼ建て替えに近い所があり、コストにおいても数千万円規模になります。

また家を支える基盤が緩いと大地震に備えることができないので、耐震基盤を整える必要があります。

一戸建ての寿命は30年と言われていますが、中古の一戸建ては既に20年以上経過しているので、高額なメンテナンスによって無理やり寿命を延ばしている状態になります。

安い中古の一軒家を購入したものの、結局メンテナンスにかかったコストの方が高くついてしまったという声もありますので、物件見学をする際はメンテナンスが必要な個所を徹底的に売主さんから教えてもらうと同時にどれくらいのコストがかかるのかを余裕を持って見積もりを立てることが大事です。

独身向けマンション探し

  ハコイチコンセプト動画▶  

仲介手数料無料動画はこちらから▶

 仲介手数料無料購入はこちらから

  freecall ☎ 0120-114-851 

タイトルとURLをコピーしました