住宅ローンと転職の時期の関係について解説!!

住宅ローン イメージ
住宅を購入検討している方で転職も検討しているという声をよく聞きますのでこのような悩み事について解説致します。

1. 住宅ローン審査と勤続年数について

住宅ローンの審査の大きなカテゴリーは、年収と勤務先と勤続年数、そして個人情報です。

個人情報はいわゆる、延滞履歴等の情報機関が明記している情報です。

 

勤続年数について、以前は3年以上という縛りがありましたが、最近ではだいぶ優しくなり、1年以上もしくは3ケ月以上など、
金融機関によって様々です。

フラット35はパートでも通る話しがあり、勤務先や勤続年数の比重は低いようです。

ただ、メガバンクは転職歴が多かったりする場合は理由を訪ねられたり、マイナス要因とされることがあるようです。

住宅ローン(新規)

2. 住宅ローンの審査後の転職はできるのでしょうか?

住宅ローンの審査が終わり、引渡し前に転職することは、原則NGです。

当然のことですが、審査した勤務先での与信で審査OKとした訳ですから、その根本が崩れてしまうことになります。

ある意味では金融機関に対して詐欺行為と判断されても仕方がないと思います。

一般的に事前審査をしてから物件の引渡しを受けるまで、1ヶ月から2ヶ月程度の話ですので、我慢して待つのが賢明です。

一方 で、会社の倒産やリストラなどの不慮の事故で、自分の問題だけでない場合もあると思います。

このような事態も残念ながら住宅ローンは難しいと思います。

ただ、状況によっては関連会社に転職出来たとか、他社に買収されたなどの事由があれば、あながちダメではないと思います。

再審査することになると思いますが、いずれにしても、金融機関と不動産の担当者には真っ先に相談して下さい。

最悪の場合ローン却下で契約解除ということも想定しなければなりません。

ライオンズマンション横浜第2A館リビング

3. 引渡し後の転職はできるのか?

これは、全く問題ありません。

というより、引渡し後に金融機関が転職の有無を知ることはありません。

むしろ、引渡し後は年収の金額を提出することもないので、住宅ローンをただ、ただ、滞りなく支払いをいて頂ければ問題ありません。

そもそも、35年間同じ勤務先で務め続ける人がどれくらいいるのでしょうか?という話は金融機関でも分かると思いますよね。

金融機関も貸し出す時点での審査しか見ませんので、事前審査がOKならほぼ引渡しは受けられます。

4. まとめ

今回は転職時期についてお話しいましたが、転職を考えていても、引渡し前に転職するのは、やめましょう。

実際には金消契約時に勤務先の保険証の確認をしますが、決済日に勤務先の再確認をすることはありません。

でも、たかだか、1週間程度の話です。

勤続年数の審査比重は低いですが、やはり勤続年数が数ヶ月よりは3年以上の方が望ましいので、住宅購入検討の方は、やはり転職前の方が勝算はありそうですね。



住宅ローン押さえておくべきポイント

独身向けマンション探し

  ハコイチコンセプト動画▶  

仲介手数料無料動画はこちらから▶

 仲介手数料無料購入はこちらから

  freecall ☎ 0120-114-851 

タイトルとURLをコピーしました