仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

簡単解説!住宅購時の諸費用ってなに?

住宅購入の際は、物件の価格に目が行きがちですが、実際には物件価格以外に諸費用として100万円~200万円程の金額が必要です。
物件の金額が1000万円単位なので気にインパクトが低いですが、100万円!?と聞くと軽自動車が普通に買えてしまう金額ですよね。
今回はその諸費用について解説致します。マンション外観

1. 諸費用とは何のお金?

【諸費用の内訳】

1.登記費用・・・所有権の移転時に発生する費用で登録免許税等税金と司法書士の報酬です。
2.印紙代・・・契約書に書かれている金額に応じた印紙税。物件の契約書と金融機関との契約書に発生します。
3.固定資産税、都市計画税精算金・・・その年の1月1日から引渡し日までの日割り計算で算出。
4.仲介手数料・・・不動産会社に支払う報酬。上限は物件価格×3%+6万円。
5.ローンに関する費用・・・保証人の代わりの保証料、火災保険料など。

例として、中古マンションで3000万円の物件を購入した場合の目安は下記となります。

1. 登記費用:約35万円。
2. 印紙代:物件契約書印紙代:10000円、ローン印紙代:20000円
3. 固定資産税、都市計画税:※こちらが市町村や、引渡し時によって異なります。
4. 仲介手数料:物件価格×3%+6万円=96万円(税別)
5. 保証料:約60万円程度(金融機関によって異なります)、火災保険料:10万円(内容によって異なります。)

固定資産税の費用なしでも200万円を超えてしまいました。

また、この金額は、中古住宅の場合で、新築住宅は仲介手数料がかからないので、その分安くなります。(新築戸建で発生する住宅も有り)

2. 諸費用はローンにできるのか?

結論から言いますと、できます。もちろん金融機関によりますが。。。。

ただ、一般的には現金で用意した方が住宅ローンの審査が通りやすいです。

銀行も審査時に頭金の金額を聞いてきます。

その時に、物件金額の100%融資の審査(つまり、頭金0円)は、よくある話ですが、諸費用までも組みたいとなると、少し懸念を抱きます。

何千万の買い物をするのに現金が全くないとなると不安になるのでしょう。

そんな時は、現預金の有無や他の借金を聞かれることがあります。

預金が無いだけならまだしも、借金がある場合は審査NGの可能性が大になりますので注意が必要です。

 電卓

3. 諸費用の支払い時期

諸費用は原則として決済日(引渡し日)に清算します。

但し、不動産会社に支払う仲介手数料の半金は物件の契約時に支払う会社もあります。

また、仲介手数料と司法書士に支払う登記費用は、当日は原則現金で支払い、その場で領収書引き換えとなりますので事前に現金の準備が必要です。

あと、領収書については、確定申告時に必要になりますので必ず紛失しないで下さい。

 

4. まとめ

今回は諸費用の内訳について解説致しました。

金額は的にはとても大きな金額だと思います。中でも仲介手数料は一番大きな金額です。

仲介手数料については、上限は宅建業法によって定められていますが、不動産会社によっては無料や割引きになるところもありますので、よく調べてみましょう。

物件名+仲介手数料無料というキーワードでググってみるのも一つの方法ですので是非試してみてください。

仲介手数料を安くする方法はこちらから

 

お宝中古マンションの見抜き方から、住宅ローンの上手な組み方、契約で気をつけること、リフォームの注意点まで、プロの眼から見た住まい探しの重要ポイントを徹底的に解説。

齋藤 知己  TOMOKI  SAITO

宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー/空き家相談士/空き家管理士/
不動産売買営業歴20年以上で担当顧客数100件以上。
以前は新築ブラック営業マン⇒現在ユーザーファースト奮闘中!
横浜エリアのリノべマンションサイト「空間市場/ハコイチ」運営!
横浜在住で趣味:ロングボード、ゴルフ、筋トレ(ダイエット目的)、DIY。

コラム一覧