仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

南向き・最上階はホントにいい?

お客様の中では南向きが第一条件という人が多いです。

一般的に南向きや最上階はそのマンションの中では、他住戸より割高な設定になっています。

確かに日当たりが良く、眺望が良ければ人気があるので金額が高くてもいいと判断される方が多いのは事実です。

ただこれを単純にメリットと考えるのは早計でしょう。

日本人は特に日当たりに対するこだわりが強いと思います。

日当たりがいいメリットはお判りだとおもいますが、デメリットも当然存在します。

夏の強烈な日差しが入りエアコンの効きが悪いのもその一つです。

また、カーペットや家具が変色したりすることもあるでしょう。

まずはご自身のライフスタイルに合わせて、どの特徴が自分に合っているかを確認することが大切です。

独身やカップルの方で、日中ほとんど家にいないのに、わざわざ高い金額の南向きを購入するかも考えるところですよね。

北米の人は「北向き」を好むとよく言います。

内装や家具の日焼けを嫌うだけでなく、景観の良さもあるようです。太陽は常に南から北を照らすので太陽光でライトアップされた景観が北向きにはあるそうです。

日本人には理解出来ない判断基準ですが、文化の違いもあるかと思います。

またパソコンは南向きの部屋に置くべきではないです。窓際に置くとモニター画面が見ずらかったりします。マンション 眺望
また、階数についても同様いろいろな考え方があります。最上階は眺望がいい、日当たりがいいのはありますが、外気の影響を受けやすいので、冷暖房効率が悪い場合があります。

中住戸は風通しや採光が良くないと敬遠されがちですが、外気の影響を受けずらく、夏涼しく、冬暖かいというプラス面もあります。

1F住戸は日照条件が悪い場合が多くプライバシーの問題もあるようですが、金額は同じ広さなら安く設定されていますし、エレベーターを使わないので、普段から出入が楽ですし、災害時は安全に避難できるので安心です。

また専用庭の付いたお部屋もあり戸建て感覚を楽しめるお部屋もあるようです。このように、最上階や南向きは人気がありますが、金額が高い事が多いと思います。

何を優先するかによって選択基準は変わってきます。広さ、採光、通風、気密性、冷暖房効率どれを優先するかを自分のライフスタイルを良く考慮した上で購入することが大切だと思います。

 

コラム一覧