どちらが得なのか教えます!賃貸マンションと分譲マンションのメリット・デメリット編

不動産購入方法の組み合わせ「賃貸と分譲どちらがいいか?」的なテーマをよく見ることがありますよね?

人の生活に欠かせない衣食住の中で最も高価な住宅です。

どんな形であれ必要な要素ですが、当たり前のように賃貸住宅に住んでいる人は一度立ち止まってよく考えてみましょう。

賃貸を借りるタイミングは、大学生や社会人になるタイミングから出てきます。

この時点で賃貸と選択することは、住宅ローンを組める信用がないので仕方がないですが、ある程度信用がつき住宅ローンを組めるようになったら是非とも購入の選択肢も検討してみてください。

今回はメリット・デメリット編ですので、表面的な見方で簡単解説致します。

1. 賃貸住宅のメリット・デメリット

1-1賃貸メリット

ここは何と言っても気軽に住み替えが可能なところにあります。

例えば、場所が気に入らないとか、室内の説備に不満を感じれば簡単に引越しができます。

独身の方で結婚を考えている方は賃貸であれば、お相手次第で場所などが柔軟に選択できるというメリットがあります。

又は転勤など移動が多い方は選択肢というよりも購入の方が難しいということになります。

1-2賃貸デメリット

デメリットはいくつかありますが、賃貸マンションは物件によりますが、一般的に内装設備が非常にチープです。

分譲仕様には、ほぼ標準装備のウォシュレット、浴室乾燥機、追い焚きなどがついていないファミリータイプのマンションも普通にあります。

また、往々にして上下左右の壁が薄く騒音問題が分譲に比べて多いと思います。

大家さんからしても、家賃相場は駅距離と広さで概ね決まりますので、高設備=高家賃とならない以上は残念ながら設備・仕様にお金を掛けづらい傾向にあります。

費用負担から見ると、初期費用は購入時と比べると確かに安いですが、現実問題として毎月の支払いは全部大家さんのものであり、何年支払い続けても、ドアノブ1つ自分のものにはならないという現実があります。

仮に家賃が10万円/月で年間で120万円、10年でトータル1200万円支払うことになりますが何一つ自分の物にはなりません。保険でいう掛け捨てか積み立てかのような違いです。



2. 分譲のメリット・デメリット

価値ある家

2-1分譲メリット

ここは賃貸と逆と言ってしまえばそれで終了ですが、分譲はやはり仕様が全く違いますので、新築マンションであれば、先程のウォシュレット、浴室乾燥機、追い炊き機能の無いマンションを探す方が難しいと思います。

また、最近では中古マンションを購入してリノベーションする方も増えていますが、内装設備は新築同様にできますので、満足度はそれなりに高いと思います。

共有スペースに関しても、分譲はフィットジムやキッズルームなどを備えた物件もありますので付加価値が高いケースが多いと思います。

月々の返済に関しても、大家さんの為ではなく、自分の資産に対して支払うわけですので、積み立て定期預金のような感じで考えられます。



2-2分譲デメリット

ここも、賃貸とは逆で気軽に引越しはできないと思った方がいいです。

もちろん、売却して他に移ることは可能ですが、やはり、売却には時間もかかりますし、ローンの残債額以上で売却できない場合は追い金が発生します。

残債以上で売却できても、仲介手数料などの諸費用は賃貸の敷金礼金よりは高くつく可能がありますので、気軽には考えづらいと思います。

また、賃貸に出して他に移ることも可能です。

この場合も月々の家賃収入は最低でもローン返済額は確保したいですよね。

また、住宅ローンを組んでいる場合はあくまでも住む為のローンで金利が低く設定されていますので、賃貸に出すことになると原則としては投資用の高金利のローンに変更する必要があります。

ただ、これすると単純に返済額がUPして家賃と相殺が難しくなりますので、金融機関と相談してなるべく住宅ローンのままで行きたいです。

ここで、注意なのですが相談が面倒くさいので黙って賃貸に出すことはお勧めしません。

金融機関からの郵便物などが受け取らないと戻ってしまうこともありますし、住民票の移動はどうするのかの問題もありますので変な形で金融機関に知れるよりは事前に相談しましょう。

初期費用に関しても頭金や諸費用を考えるとやはり200万円~500万円位は考えておきたい金額なので、少しハードルは上がると思います。

3. まとめ

今回は賃貸と分譲のメリット・デメリットという視点で考えてみました。

現実問題として購入が物理的に困難な転勤族や同居が決まっている方などの除き、ある程度選択肢のある方は一度真剣に検討してもらいたいと思います。

あくまでも、一般論としてお話しましたが、実際に頭金が無くても購入方法はありますし、住宅ローンもフラット35は正社員でなくても住宅ローンを組むことは可能です。

大切なことは、先ず自分がどうしたいのか!?です。ずっと賃貸だからそのままでいいという事だけはやめましょう!!

他社で住宅ローンが厳しい方はこちらでも試してください。


初めてのマンション購入!買うなら新築・中古どちら!?



独身向けマンション探し

  ハコイチコンセプト動画▶  

仲介手数料無料動画はこちらから▶

 仲介手数料無料購入はこちらから

  freecall ☎ 0120-114-851 

タイトルとURLをコピーしました