仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎団体信用生命保険って必要?!

住宅購入時には住宅ローンを組む方が大半だと思います。

そこで必ず出てくる保険が団体信用生命保険です。

通称「団信」は、数ある生命保険の中でも住宅ローンの返済に特化した保険です。
団体信用生命保険は、住宅ローンを借りた人が、そのローンを全額返済できないうちに死亡もしくは所定の高度障害といった不測の事態に陥り、ローンの返済が困難になってしまった場合そのローンを保険会社が被保険者の代わりになって金融機関に返済するという保険です。

つまり、団体信用生命保険は住宅をローン付きで購入した人が、万が一返済困難になってしまった際でもローンを完済できるようにするための保険です。

そんな場合家族のある家庭で万が一ご主人様が亡くなってしまった場合に残された奥様やお子様は住宅ローンのない家に住み続けることができるのです。
団体信用生命保険はローンの支払いを保証する保険であるため、住宅ローン契約時に加入が義務付けられている場合が多くあります。

一方、住宅金融支援機構の「フラット35」の場合は、団信は原則加入ですが、加入できなかった場合でも、融資を受けることができます。
団信に加入せず融資を受けた場合には、冒頭の「住宅ローンがなくなる」ということにはならず、相続人がその債務を引き継ぐことになります。

では、団体信用生命保険はどのような仕組みになっているのでしょうか?

仕組みは、融資金融機関は保険料を保険会社に支払います。
そして万が一お客様がローンを返済できなくなってしまった場合には、保険会社が金融機関に保険金を支払います。
団体信用生命保険は、住宅ローンを組んで購入したお客様と保険会社の間にローンを融資した金融機関を通すことで機能しています。

万が一の事故や病気の際には、病院選びや医療費の負担など、さまざまな悩みが出てきます。
そんな時、もし住宅ローンの返済が途中になっていた場合、返済が困難になるという問題にも直面してしまうことになります。

住宅ローンという一生の買い物の不安を払拭してくれる為にも住宅ローン契約時に団体信用生命保険に加入していれば、万が一の事態が起きてローンを返済するのが難しくなってしまったとしても、ローンは金融機関側が肩代わりしてくれます。

また、団体信用生命保険だけでなく、収入保障保険も万が一の際に収入を得るための手段となります。

いずれも金融機関によってさまざまな保障内容にさまざまな種類があるため、ライフスタイルに合わせて選択することをお勧めいたします。

《無料アプリ物件提案ロボ》

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。

物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。
物件提案ロボ

コラム一覧