【中古マンション】独身女性が購入した2つの物理的な理由とは!

スポンサーリンク
モデルルーム

独身女性が中古マンションを購入した物理的理由を知りたいと思ったことないですか?

賃貸住まいが長い方ほどそう思ったことがあると思います。

実は、独身女性の住宅購入にはある共通点があるんです。

この共通点が分かれば、すぐに購入を検討してみようという独身者も多いと思いますが、これを知らずに家賃を無駄に支払い続けている人も多いです。

そこで今回は独身女性の中古マンションを購入の物理的理由について解説していきます。

今回このブログを見ることで独身者の購入理由とメリットについてわかります。

物理的メリットには金銭的メリットと居住空間的メリットがあります。

スポンサーリンク

1.金銭的メリットとは

住宅購入費用2

住宅購入で資産が増えます。

理由としては、家賃は掛け捨てだけど、住宅ローンは貯蓄です。

賃貸と購入比較スライド
返済シュミレーション

表のように家賃が14万円の場合、35年間で5880万円です。

一方で、分譲は16万円(管理費・修繕費込)で35年間で6720万円と仮定します。

ここまでは、分譲の方が、トータルの返済額は多いですが、45年目には住宅ローンが終わり、管理費・修繕費のみの加算なので総額は逆転します。

しかも、そもそも賃貸の場合35年間の賃料は全て大家さんのものに対して、分譲は6720万円(管理費等入ってますが…)自分の住宅に形を変えて資産となっているわけです。

ここが大きな違いなのです。

つまり保険でいう掛け捨てが積立かの違いです。

また、住宅ローンを組むことで、住宅ローン減税で所得税が還付されます。

独身者は扶養控除などがないので、所得税がそのままダイレクトに還付されます。

現行のベースは10年間で最大40万円/年。

ただし、支払っていない所得税については戻りません。

参考:年収500万円の独身者の所得税21万円/年の還付となります。

住宅ローン減税スライド

ただ、2021年ではコロナ対策の時限立法で、+3年間で80万円還付されるのと、お部屋の広さが50㎡(内法面積)が40㎡以上に緩和措置が取られています。

これらの金銭的メリットは全てローンを組んで、住宅購入した場合です。

つまり、掛け捨ての賃貸ではなく購入して資産形成で貯蓄を増やして行きましょう。

2.居住空間メリットとは

価値ある家

テレワークなど在宅時間が多い中、リフォームをすることで、自分好みの空間を作り生活の満足度を高められる。

購入することで、リフォームが自由自在にでき最新設備や自分好みの空間作りが可能となります。

例えば、

◇リフォーム金額の相場◇
・キッチン:90万円
・バスルーム:100万円
・トイレ:30万円
・フローリング・クロス:50万円
(60㎡程度の中古マンションの場合)

計270万円⇒住宅ローンに組み込んだ場合月々7,158円(変動金利0.625%35年返済)で内装はほぼ新築同様になります!

具体的な方法としては、内装ではなく場所と広さにこだわった資産性の高い物件を購入するということです。

物件選定方法は下記をクリック↓

ポイントは内装は一切気にしないということです。

中古マンションは内装が汚いほど安く購入できる可能が高いのです。

内装設備は後からどうにでも変更可能です。

むしろ、自分好みのリフォーム工事を前提として住宅購入した方が喜びや愛着が湧いてきます。

マンション価格のセカンドオピニオンサイト【住まいサーフィン】

まとめ

家の宝箱 イメージ

独身女性の住宅購入は様々な価値観があります。

物理的理由は目に見える明確にすることはできます。

要素としては金利が低く減税効果が挙げられると思います。

この記事を1番よんで欲しい方とは、なにも考えずにただ、家賃を垂れ流している方です。

賃貸すまいの方で、住宅購入する必要のない方は、社宅や家賃補助を受けている人、もしくは転勤族の人、5年以内に実家同居が決まっている人です。

それ以外の方は神経に将来的の不安解消と資産形成の為に購入を検討すべきと考えます。

これらの低金利や住宅ローン減税などの外部要因を上手く活用して行きましょう!

マンション探し方テンプレート

 働く女性向け物件購入サイト 

  ハコイチコンセプト動画▶ 

  お問い合わせはこちら   

公式ライン「働く女性向け中古マンション購入方法ダイジェスト版」を無料配信中!
友だち追加