ハザードマップってご存知ですか!?災害時に必要な土地の情報について解説

物件が決まり、重要事項説明書の説明事項の中に、ハザードマップの説明があります。

ハザードマップって聞いた事ありますか?

今回はハザードマップについて簡単解説していきます。

本だな



1.ハザードマップとは

ハザードマップとは,国や地方公共団体などが主に作成しているもので、ある災害が発生した時に,危険と思われる箇所や災害時の避難場所などを地図にまとめたものです。

そして災害の種類によって下記のように分けられます。

洪水ハザードマップ・・・河川の堤防か決壊した場合の浸水区域を示したもの

内水(ないすい)ハザードマップ・・・住んでいる堤防ていぼうの内側の場所に雨水がたまって氾濫する区域のマップ

高潮(たかしお)ハザードマップ・・・台風などで生じる海面の高まる区域のマップ

津波ハザードマップ・・・津波浸水予測図及び津波浸水想定図等を基に作成した浸水想定区域のマップ

土砂災害ハザードマップ・・・土石流やがけ崩れなどの危険性がある地域を示した区域のマップ

火山ハザードマップ・・・火山噴火によって予想される災害現象とその到達範囲を示した区域のマップ

地震防災危険マップ・・・地震のリスクを被害想定によって示された地域のマップ

液状化マップ・・・地震の振動で地盤が揺さぶられて液状化してしまう地域のマップ

2.マイホーム検討時のハザードマップの利用方法

住宅購入の際に、自分の希望エリアがハザードマップ内に指定されているかを確認しましょう。

そのエリアであれば、災害が発生した場合を想定し、事前に規制されている地域なのかも確認しておく事をお勧めします。

特に自宅からの通勤・通学経路など、日常生活で通ることが多い場所を重点的に見ておきましょう。

災害によっては危険な箇所を予め押さえておき、ハザードマップを利用して、避難のタイミングと避難場所を事前に確認しておくようにしましょう。

崖地等、災害が発生するおそれのある土地に住宅を企画する場合には、災害防止の観点から十分な安全性を確保できるよう、対策が必要となります。

仮に賃貸物件であっても、長く住むのであれば自然災害に遭うその地域のリスクをことをある程度、事前に調べて、防災面でも安心できる場所を選ぶのがオススメです。

3.ハザードマップの内容は重要事項説明に記載される

契約時に読み合わせをする重要事項説明の中では特に「土砂災害」と「津波」に関する区域に指定のある物件は重要事項説明書の記載されることになっております。

場所の地形によっては致し方無く、危険リスクの低い場所もありますが、やはり重要事項説明書に記載されるだけで、購入者の心理としてはネガティブな印象を抱くと思います。

住み慣れた場所で、ある程度その地域を熟知しているのであれば、違和感をそれ程抱くことはないと思いますが、初めて購入を検討する場合や転勤などで仮住まいの場合でも、どんなリスクがあり、どのように対象すべきなのかを、理解しておくことが必要です。

中古マンション カウンターキッチン

4.まとめ

いつ起こるかわからない災害だけに備えてが重要になってきます。

購入時にしても、物件の間取りや設備などに目が行きがちだと思いますし、災害という目に見えないものに対して興味が薄くなるのも理解できますが、日本は自然災害のリスクが低いとは言えない状況です。

予想される災害の箇所やリスクをまとめたハザードマップで危険を回避すべく動きを積極的におこないましょう。


中古マンション資産価値の下がらないエリア知ってますか?


仲介手数料無料スライド

タイトルとURLをコピーしました