マンションの成績表ご存知ですか?重要事項調査報告書について解説!

パズル家

中古マンションを検討している方で重要事項調査報告書と重要事項説明書を混同している方いませんか?

なんかどちらも難しそうで、あまり関わりたくないですよね。

簡単に説明すると、重要事項調査報告書はマンション管理に関する説明書で重要事項説明書は、不動産の契約時の全般部分の説明書書となります。



1. 重要事項調査報告書とは

先程も触れましたが、マンション管理に関する説明書で、マンションの管理の仕方や修繕の状態、管理費、修繕積立金の総額や、滞納問題まで見えるようになっています。

そのマンションの管理に特化した説明書でマンション検討の場合は一度目にしたい書類です。

ただ、この書類はどなたでも取得できるわけではなく、原則として売主側の仲介業者が取得することになっておりますので、検討の際は担当営業マンにご相談ください。

 

2. 重要事項調査報告書の大まかな記載内容

管理上でのルールブックとして管理規約がありますが、より重要な部分が抜粋された書類となります。

 修繕積立金、管理費の積立総額
 売買対象住戸の管理費、修繕積立金等の合計金額と延滞金
 マンション全体の管理費、修繕積立金の延滞金
 管理費、修繕積立金の増加予定の可否
 共用部分の過去の修繕実施履歴
 今後の大規模修繕工事の予定
 駐車場やバイク置場の使用状況
 アスベストの使用の調査結果や耐震診断の有無
 その他、ペット飼育や楽器演奏の可否などのルール

3. 重要事項調査報告書で注意すべきポイント

チェックポイントとしては、やはりお金に関わることになります。

《管理費・修繕積立金について》

売買住戸の管理費、修繕積立金にもし延滞金があるようでしたら、基本的には次の購入者に延滞金も引き継がれてしまいますので清算金の仕方を決めましょう。

全体の延滞金についても額を把握しておきましょう。

マンションの規模にもよりますが、多少の延滞金はどこの物件にもありますが問題がきちんと督促状などの対応が取られているかもチェックが必要です。

また、管理費、修繕積立金の値上げ予定がある場合も記載があります。

ここについては、運営上やむを得ない場合もあるのと、逆に何十年も金額が変わらない物件はないと思いますが、間もなく上がることがわかっているなら毎月のローン返済などの資金計画を見直す必要があります。

ライオンズマンション本牧2Fリビング

《大規模修繕工事等について》

大規模修繕の履歴はもちろん、今後の修繕予定がある場合は記載があります。

だいたい、15年前後の周期で修繕されます。

修繕箇所にもよりますが、ある程度のまとまった金額が必要になりますので、修繕積立金がしっかりと集まっているかは大切なポイントです。

足りない場合は、金融機関から借り入れを行って工事を行うことになりますが借り入れ金返済の為、修繕積立金が上がる原因となりますので注意が必要です。

《火災や雨漏り、心理的瑕疵、マンション内トラブルについて》

ある程度、管理組合が機能しているマンションであれば、火災や雨漏り、事故や自殺などトラブルは把握しています。

これらの事由は契約時の重用事項説明書にも記載がありますが、購入の検討する場合は事前に把握しておいた方がいいと思います。

《その他、マンションのルール》

マンションのルールで気になるが、ペット飼育の可否だと思います。

この場合のペットは犬と猫を言います。

飼育不可のマンションも多数あり、不可のマンションで飼うのはトラブルのもとになりますのでお勧め致しません。

あとは、駐車場の空き状況や抽選方法などが多く質問されます。



4. まとめ

重要事項調査報告書は初めて耳にした方もいると思いますし、名前も難しそうで、とっつきにくいと思いますが、マンション検討時のとても大切な材料です。

重要事項説明書と同時に全部を把握しようと思うと大変だと思いますが、かいつまんで説明した項目を抑えれば概ね大丈夫です。

但し、著しく状況が良くないと判断した場合は購入自体も見送る覚悟が必要だと思います。

中古マンションは決して、価格とお部屋だけで決めてはいけません。

管理状況もしっかりと確認しましょう。

 

マンション維持する為の長期修繕計画ついて簡単解説。

独身向けマンション探し

  ハコイチコンセプト動画▶  

仲介手数料無料動画はこちらから▶

 仲介手数料無料購入はこちらから

  freecall ☎ 0120-114-851 

タイトルとURLをコピーしました